特色・沿革

 原宿幼稚園は、1918年(大正7年)に原宿教会によって創設されました。 教会設立が1904年(明治37年)ですから、 それから十数年にして幼稚園が始まったことになります。先人たちの「教会の大切な使命(ミッション)」 のひとつは幼児教育であるとの熱意が実ったものです。
 地域社会での先駆的な役割を担ってきました。また、それぞれの時代に支持と信頼を受けてきました。
 第二次大戦下、空襲で全焼しましたが、戦後いち早く復興して、保育を始めました。当時の渋谷区では、戦後最初に再開した二つの幼稚園の一つとなっています。その後のベビーブームで入園希望者も増加して、教会礼拝堂も保育室に使用するなど、規模も拡大しました。
 現在は、乳幼児人口の減少もあり、比較的ゆったりと過ごせるようになりました。子どもたちどうし、保育者と子どもも良く知り合って、毎日を楽しく過ごしています。  九十余年にわたる歴史と、伝統を貫いてきた「子どもたちがいきいきのびのびと輝く」保育をこれからも目指して、子どもたちと共に歩んでいきたいと思います。